WiMAX レンタル

WiMAXおすすめのプロバイダ情報!

GMOとくとくBB公式サイト

業界No.1のお得価格と高額キャッシュバック
東証一部上場のGMOインターネットが運営するプロバイダ「GMOとくとくBB」のWiMAXサービスは、契約期間1年・2年の両方で、最も安い料金体系です。

月額3,770円、初月月額・事務手数料・端末代(ルーター代)がすべて無料なので初期費用無料。そして最大のメリットは、1年目12,000円、2年目10,000円という高額のキャッシュバックです。

WiMAXのインターネット回線網は、どのプロバイダも同じものを使用しているので、エリアと速度はどこを選んでも同じです。それなら、価格が安いプロバイダを選ぶべき。

契約は1年縛りなので、更新月(13ヶ月目)に解約すれば手数料は取られません。
いまWiMAXを契約するなら、GMOとくとくBBが最もオススメです。

ルーターを15日間無料レンタルする方法

WiMAXの大本である「UQ WiMAX」では、「Try WiMAX」という名称で、
端末(ルーター)の無料貸し出しサービスをおこなっています。

公式ホームページから無料レンタルを申し込むことによって、
発送から返却までの15日間、無料でWiMAXの速度とエリアを体感することができます。

申し込みは下記のUQホームページからおこなえます。
Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX

以前はヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店の店頭でも申込みができましたが、
いまは公式ホームページからのみ申込み可能となっています。

登録料や送料などは一切かからず、無料で15日間レンタルできますが、
機器が発送された日が1日目で、そこから返却後あちらに届くまでで15日です。
返却が遅れると違約金がかかってしまうので、余裕を持って返しましょう。

また、クレジットカードがないと申し込めないという難点もあります。

少し使い勝手のわるいサービスですが、無料で提供されているものなので
文句は言えません。規約にしたがって利用させてもらいましょう。

ちなみに、下記の価格比較表のとおり、大本のUQ WiMAXは価格面でまったく
オススメできません
。レンタル終了後、実際にWiMAXの契約をするときは
下記の価格表をもとに、よりお得なプロバイダを選ぶことをオススメします。

各プロバイダの価格比較表

WiMAXプロバイダの料金体系比較表(2014年2月16日更新)

プロバイダ 月額 端末 初期費用 キャッシュバック 1年総額 2年総額
GMOとくとくBB 3,770円 0円 0円 1年 12,000円
2年 22,000円
29,470円 64,710円
@nifty WiMAX 3,853円 1円 0円 12,000円 30,384円 76,620円
So-net モバイル 3,800円 0円 0円 - 41,800円 87,400円
BIGLOBE WiMAX 3,801円 0円 3,150円 - 44,961円 90,573円
Broad WiMAX 2,999円 0円 25,949円 - 58,938円 94,926円
UQ WiMAX 3,880円 100円 7,030円 - 49,810円 96,370円

※ すべて税込。初期費用には初月月額、事務手数料を含みます。
※ So-netは、現金ではなくソネットポイント30,000ポイント(30,000円相当)が付きます。

1年契約の場合も2年契約の場合も、GMOとくとくBBが最安価格を提供しています。
Broad WiMAXは月額は安いですが初期費用が高いので、3年継続しないと安くなりません。

クレードル付きだと最安!@niftyもおすすめ

@nifty公式サイト

@niftyならクレードルセットで最安料金
GMOとくとくBBは1年契約でも2年契約でも最安のプロバイダですが、ルーターのクレードルや充電台もあわせて購入する場合、2,625円の別料金がかかってしまいます。

@niftyなら、クレードルセットでルーター代が1円です。

月額3,853円、初月無料、事務手数料無料、そしてキャッシュバック12,000円も加味すると、1年契約の場合、クレードルも購入するなら@niftyが最安になります。

2年契約をするなら、クレードル代込みでもGMOとくとくBBが最安ですが
1年契約にするなら、クレードルセットで最安の@niftyがおすすめです。

WiMAXの基本Q&A

Q : 速度とエリアはどのプロバイダも同じなの?

A : 同じです。すべてのプロバイダが、大本のUQ WiMAXのインターネット回線を使用しています。

Q : クレードルって何?

A : クレードルは、モバイルルーターを立てておくスタンドの役目をはたします。

クレードルをつかうことで、自宅で使用する際に、無線通信に対応していないパソコンを
WiMAXのルーターと有線ケーブルでつなぐことで、使用することが可能になります。
※ もともと無線通信の機能がそなわっているパソコンには不要な機能です。

Q : 違約金を払わない方法は?

A : 一般的には、契約更新月に解約することで、解約手数料(違約金)を払わずにすみます。

1年契約の場合、13ヶ月目が更新月にあたり、その月に解約すれば違約金がかからない
というプロバイダが多いです。しかし違う場合もあります。詳細は契約内容をたしかめましょう。
※ あくまで一般的な情報です。当サイトは一切責任を負えませんのでご注意ください。